2008年02月19日

時代は中世へ

音楽は
キリスト教なくしては発展しませんでした。

音楽という学問は完成度において
他の学問の追従を許さないほどであります。


すべての学問の真髄は
真理への到達であります。


唯一、音楽だけが
心を具現化する手段を得ています。


形は違うなれど
人は皆、いつの時代も同じものを求めます。


自由と平等ですね。


筆者のブログであります

ヒーリングフォレスト〜音楽療法の夕べ
http://blog.livedoor.jp/fortuna0311/


で、いつも遠まわしにも
直接的にも言及してきたことがそれであり

音楽だけが
平均律という名の
真の自由と真の平等を勝ち取ったからであります。


音楽は
なぜ故にこれほどまでに完成度が高いのでありましょうか?


人々は皆、神聖なるものを信じていたからに違いありません。



さて、音楽の歴史を紐解いてゆくことにしましょう。
posted by フォーチューン at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 西洋音楽史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

古代の音楽

音楽というのは
私たちはもっぱら西洋音楽を指し、
はるか昔から存在してるのですが、
いつ始まったのか
はっきりとしたことは分からないというのが、
今日の学説ではそれが現状です。

タイトルは古代の音楽としていますが
発祥は不明〜4世紀頃までを
大体の学説で古代の音楽の時代と致します。

遥か古代の壁画やら彫刻などに
音楽を奏でる姿が描かれているのですが
どのような音楽であったかは定かではありません。


しかしながら、私は音楽は人が存在したと同時に存在したと想うのです。
それは
唯一、感情を表せるひとつの手段なのですから。


でも、はっきりと確認されていることを述べるとしたら
古代ギリシアで、叙事詩に音楽をつけて伴奏したり、
演劇に合わせて音楽を奏でていたりしていたと言われています。



音楽においてもっとも重要な人物がおります。
それは数学の定理でも有名で
教科書に載っていたピタゴラス(前6世紀頃)であり、
彼は協和音の数比の発見しました。

そうそう☆
長いひもを引っ張りながら弾くと音が出ますよね。
そのひもを半分にしたら、1オクターブ上の音がでます。

もう一人、アリストクセノス(前4世紀後半)は
「ハルモニア基礎論」を完成させました。
こちらは人の感覚に基づいた音階やリズムの理論書であります。

これらの発見ののちに【宗教】を絡めながら
音楽は発展していったのです。
posted by フォーチューン at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 西洋音楽史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。