2008年06月28日

中世の音楽の中間時期(1150年頃〜1300年頃)

音楽は宗教とともに発展しましたが
この頃には世俗歌も流行しだして
(厳格な教会音楽では庶民が親しめないから)

主に
騎士道歌曲と愛の歌が流行りました。

世俗歌といいましても
音楽に根ざすものは、やはり道徳的な観念でしょうか。

12世紀に南フランス地方でトルバドール歌曲を皮切りに
北フランスでのトルベール、ドイツのミンネジンガーが流行します。


また、その一方で
ノートル・ダム楽派と言われる優れた音楽家が
北フランスのノートル・ダム大聖堂に集結し
次々と音楽技法を高めていきました。

多声音楽化したことは述べましたが、
彼らのリズムの基本は3拍子。

三拍子とはワルツですとご存知でしょうが、

んー♪たん♪たん♪
んー♪たん♪たん♪

非常に稚拙な表現ですね(笑
でも、わかりやすいと思います、リズム。


いずれ、説明してゆこうと思いますが
音楽においては3等分があります。
リズムにおいて。

これは数学的には一つの長さを3等分するとなると
とても理屈に合わない気がしますが

音楽の揺らぎとして大切な感覚であります。
posted by フォーチューン at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 西洋音楽史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Google

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。